引越し見積もりを1円でも安く!|格安に引越しをするコツ-荷造りリストをつくる

MENU

荷造りリストをつくる

 

先ずは荷物のチェックでスタート

引越が決まったら、今まで持っていたものをそのまま移転先まで持っていくのではなく、
ひとつひとつを本当に必要なものかどうか入念にチェックしてください。
なにしろ引越は、家のものを根こそぎ整理できる絶好のチャンスです。
普段、捨てるに捨てられず迷っているものも、この際に思い切って処分するという決心が必要です。
それが、新居での快適な生活に結びつくからです。
段取りよく荷造りするにはどうすればよいかを知っておいてください。

 

 

荷造りリストをつくる

段取りよく荷造りをするために、荷造りリストを作成してください。
家の中はいつのまにか増えてしまったモノであふれかえっています。
多くの引越家庭が、思ったより荷造りに時間や手間をとられて、
出発前夜に徹夜なんてころになっています。
そんなことになれば、失敗や事故も増えます。
まず荷造りリストを作り、手際よくコトを進めてください。

 

リストを作る手順

まず、荷造りするものをできるだけ細かく書き出していきます。
書き出す用紙は、ノートがベストですが、パソコンを使える人はそれでもかまいません。
何しろ記録を保存できることがポイントです。
適当なメモ用紙などに書いていると、いつのまにかなくなったり、
家のなかのモノ管理を細かくできているのはそんなにいないはずだからです。
引越前にリストを作っておけば、新居での生活をスタートするときにも役立つわけです。

 

まず、大きな項目を立てます。

台所にあるもの、衣類、家具、本、寝具、風呂場にあるもの、植物など。

 

項目ごとに中項目をたてる。

台所なら、料理器具、食器類、冷蔵庫の中など。

 

さらに、たとえば調理器具にはなにがいくつあるかを、具体的に書き出していく。

項目たての段階であまり細かくなり過ぎることにも注意すること。
荷造りの単位を考えながら、まとめていってください。

 

リストには、次のことを書き添える

①自分でやるか、業者に頼むか。
②荷造り材料はなにか。
③いつ荷造りするか。
④箱に入れるモノは、箱にナンバーをつけ、何をどの箱に入れたかがわかるように、
対応するナンバーリスト表にメモしておく。そうすれば荷解きのときにも便利です。
⑤転居先の、どの部屋に置くか。

 

 

リストづくりのときの注意点

①荷造りが素人では難しいものは、思い切って業者に頼む。
ピアノ、大型家具、大モノの植木、仏壇等。

 

②うっかり忘れやすい場所やものがある。
出発前に再チェックが必要です。それは天袋の中、床下収納の中、TVアンテナ、TVケーブル、ベランダや物干し、
当日の郵便物など。またはへそくりなども注意してください。

 

③出発当日まで使うモノは、くれぐれも荷造りしないように。
家族で使う分くらいの食器やタオル、着替え、歯ブラシ、石けん、トイレットペーパー等。

 

④お金、印鑑、通帳、重要な書類などは、厳重に保管すること。

 

 

荷造り材料を用意する

いちばんよく使うものは、なんといっても新聞紙と段ボールです。
新聞紙は約1ヵ月分は必要です。
引越が決まったら、ためておくようにしてください。
段ボールは買うとけっこう高いものです。
業者や梱包専門店から買うと、大きさによって値段は違いますが、1枚180円~400円ぐらいします。
まとめて買うと10000円ほどの出費になってしまいます。

 

スーパーや酒屋コンビに、などでもらった方が節約になります。
その場合、大きさは中くらいで、大きさをなるべくそろえ、生ものが入っていたような段ボールは避けることです。
業者からサービスでもらえるなら、その数と自分で追加する分などを考えて集めてください。

 

段ボールがどれぐらい必要かは、あらかじめ作っておいたリストから見当をつければよいわけですが、見積もったよりも一割多めにに用意しておいたほうがよいです。
どうしても自分ではわからない場合は見積もりの際に業者に相談してください。
一応の目安はわかるはずです。