条件を出すことでスムーズに引っ越し費用を値切ることが可能

MENU

引っ越し料金の値切り方

 

手を出す男性

「引っ越しの見積りって安くなるの?」
「引っ越し料金を値切るのなんて無理?」

 

なんて思っているあなた。
ちょっと待ってください。

 

引っ越し料金は、交渉次第で下げることが可能なのです。

 

むしろ引っ越し業者の見積りは、ケースが多様であるため、
厳密に料金が定められているわけではありません。

 

「引っ越し料金を交渉したら安くなった。」
「他社の見積もりを提示したら値引きしてくれた。」
「決断を渋っていたら、向こうから見積金額を下げてくれた。」

 

といったように、引っ越し費用の値引きに成功した事例は比較的多いです。

 

ここでは、引っ越し費用の値引きに必要なコツとテクニックをご紹介します。

 

 

必ず数社の見積りをもらう

 

引っ越しは、そうそう頻繁に訪れるものではありません。

 

そして、個々のケースもバラバラであるため、自分の引っ越し費用の相場が適切なのかは、
目の前の1社の見積りだけでは判断がつかないことも多いのです。

 

本命の業者に対して強気の姿勢を取るため、もしくは値引きを実現させるためには、
引っ越し費用の相場となるデータを手に入れておく必要があります

 

「Aさんのところはこの料金なんだけど、B社ではこの料金なんだよね。」
とカマをかけるためにも、事前に多くの見積りデータを入手しておくことが求められます。

 

 

 

引っ越し業者の都合も聞く

 

ただ盲目的に「安くしろ」「値引きしろ」と要求しても、
こちらの印象が悪くなり、業者としても、
「良いサービスをしてあげよう。」という気持ちが失せてしまうことにつながりかねません。

 

そこで、引っ越し費用を値切るときに大切なのは
相手の顔を立てつつこちらの要求も呑んでもらうという戦法です。

 

引っ越し業者は、日時を指定しなければ、見積り金額を安くしやすいという特徴があります。

 

「お日にちはいつでもけっこうですので、安くしてもらえませんか?」
「作業開始時間はそちらのタイミングけっこうですので、5,000円引いてもらえないでしょうか?」

 

など、相手の利益を探りつつ、こちらの利益を確保するテクニックが求められます。