引越しの当日までにやるべきこと

MENU

当日すること

 

運び出し作業の指示

作業の確認事項としては、壊れやすい荷物の指示を第一に。
素のほか、家財の転送、保管、処分などを希望する場合は、
荷物を指差して正確に指示してください。

 

 

引越し先の地図、荷物の見取り図を業者に渡す

積み込みが終了した時点で、ゆとりある時を見計らい業者に渡し説明します。

 

 

旧居のゴミ処理

回収日でない場合には大家さんかご近所の親しい方に頼む、
それが無理なら引越先に持ち込んで処理します。

 

 

引越し先でのチェック

渡した見取り図を元に、業者が家具を指定の位置に配置していくので、
その場でチェック。タンスなどの重いモノは、間違えたりするとあとで大変なことになります。
また当日、配置図の誤りなどに気づいたらその場ですぐ伝えてください。

 

 

家財と荷物のチェック

家具の傷や段ボールの数をチェックし、損失や破損がないかその場で確認し、
なにかあれば業者に確認ととります。

 

21精算
荷物の確認終了後に精算する。
自動車の登録変更は15日以内。
それ以後は手続きができなくなるので注意が必要です。

 

 

 

引越終了後までにしておくこと

 

住民転居の提出など諸手続き

転入届は転入後14以内、自動車の登録変更は15日以内。
それ以後は手続きができなくなるので注意してください。

 

 

ご近所への挨拶

マンションの場合は両隣ろと上下のお宅、
一戸建ての場合は、両隣はもちろん、敷地に接しているお宅、玄関から見えるお宅など、
必要に応じて挨拶はしておいたほうが無難です。

 

 

このスケジュール表はつねに目につくところに貼っておき、済んだものを順にチェックしていってください。また、この表の順番にはこだわらず、早くできることは早めに済ませるようにしてください。役所への手続きや支払いなど、遅れて困るとうなものはマーカーなどで目立つようにしておきます。準備しすぎて困ることはありません。手際の良い行動でスムーズな引越しを行ってください。