引越しが決まったら準備は余裕をもって計画的に

MENU

引越し前の準備は計画的に行いましょう記事一覧

転居先の決定と転居先のチェック。間取り、外廊下の広さと搬入経路、車の駐車場所と周辺状況、エレベーターの有無と大きさなどは最低チェックしておきてください。(転居先が近隣の場合はもっとあとでもよい)近所の親しい方や、お世話になっている方などに早めに知らせておくことがいいです。引越し会社選定のための折り込みチラシやパンフレットの収集、インタネット検索などをこまめに実行します。引越しカルテとスケジュール表...

この時期までに、公共料金・住民登録・郵便物の変更手続きを済ませる。また公共料金や新聞代などの精算も必要です。インターネットや電話で済む手続きもありますが、直接出かけなければ手続きできないものもあります。平日に休みをとり、まる1日をこの手続きの日にしたほうが無難です。住民登録・公的手続き 現在居住の役所へ住民移動届と住民転出届の提出。そのほか、各家庭で必要に応じて以下のような手続きが必要になります。...

家族全員参加で、いるもの、いらないものを分類します。これが大変な作業になります。あらためてじっくり見直すと、思い出が湧き上がってきて、なかなか捨てられなくなります。思い切って処分する!という覚悟で望まなければなりません。家財の処分リサイクルできるものはリサイクルショップへ粗大ゴミや役所に連絡して処理当日引越し業者に引き取ってもらうモノを分類します。業者によっては、粗大ゴミを役所より安く処理してくれ...

梱包済みの荷物のチェックと、当日段取りの確認本当なら前日には、当日使うもの以外の荷造りは済んでいるはずですが、なかなか現実は上手くいきません。できるだけ早く荷造りを終わらせ、当日の段取りチェックに移るようにしてください。新居の見取り図に家具配置や運び込み荷物や個数を書き込みチェックご近所への挨拶⇒引越しの挨拶回りについてはこちら現金を用意し、印鑑などの手荷物をまとめるくれぐれも注意しなければいけな...

運び出し作業の指示作業の確認事項としては、壊れやすい荷物の指示を第一に。素のほか、家財の転送、保管、処分などを希望する場合は、荷物を指差して正確に指示してください。引越し先の地図、荷物の見取り図を業者に渡す積み込みが終了した時点で、ゆとりある時を見計らい業者に渡し説明します。旧居のゴミ処理回収日でない場合には大家さんかご近所の親しい方に頼む、それが無理なら引越先に持ち込んで処理します。引越し先での...