作業中に物が破損したときの対処法とは

MENU

引越し作業中に物が破損した場合

 

破損したその場で発見できた場合には、作業員の不注意であることが明確なので、問題は解決しやすいのですが、引っ越し作業中や終了後の点検では見落としてしまい、数日たってから、破損に気がつくことがあります。

 

家電や家具が壊れたりすれば、すぐに気がつきますが、階段や壁などに、すり傷や、重いものを乱暴に置いたためにできた凹みなどがついてしまった場合には、気がつきにくいものです。

 

引っ越しでバタバタしている最中に、搬入が終了し、最中点検をするように引っ越し業者から言われても、疲れてもいるし、あまり細かく点検しても、今日1日頑張ってくれたのに作業員を信用していないように思われると申し訳ないなというような気持ちが働き、ざっと点検して、済ませてしまうことがあるからです。
引越しの失敗談としてもこういう声はよくききます。

 

引っ越し後に、引っ越し中の事故によって破損したと思われる家電や家具、室内の傷や凹みを発見した場合には、すぐ引っ越し会社に連絡を取りましょう。

 

標準引越運送約款によって三ヶ月以内であれば業者側の責任を問うことができるということが定められているので、補修、修理、弁償などをしてもらうことができます。

 

これは、3か月を過ぎると、効力を失ってしまいますので、早めに点検をし、発見することが大事です。

 

もし、引っ越し会社が、適切な対応をしてくれなかった場合には、全国の消費生活センターや、全日本トラック協会に相談してみてください。