引越しをする際の挨拶まわりの方法

MENU

引越しの挨拶まわり

 

準備をついつい忘れてしまいがちなのが、ご近所さんへの挨拶まわりです。
いざ引越し!という直前で思い出し、あわてて挨拶の品を用意して挨拶にいった、という話はよく耳にします。
最近では引越しのご挨拶に行かない人も増えているそうですが、ご近所さんがどんな人なのか知っていて損はないはずですし、これからの新生活で分からない事があった場合に力になってくださるかもしれません。
そしてなんといっても引越しの際はどうしてもうるさくなってしまいますから、必ずご挨拶に伺うようにしましょう。

 

挨拶の時期

旧居での挨拶はできれば引越しの前々日までに済ませておくのがよいでしょう。
「長い間お世話になりました。○日に引っ越す事になりました。作業中ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします。」
という言葉だけで、挨拶品は持っていかなくても問題ありません。

 

転居先での挨拶は、当日から遅くとも翌日までには行いましょう。

 

 

挨拶に伺うご近所さんの範囲

ご挨拶はどこのお宅まで伺えばよいのでしょうか?
一般的にはマンションやアパートなどの集合住宅の場合は両隣と上下の階の方および大家さんや管理人さん、一軒家の場合は向かい3軒と両隣、といわれています。
ですが決して悪い事ではありませんので、これら以外のお宅に伺っても問題ありません。

 

 

挨拶品

挨拶の品は500円~1000円くらいのものが一般的です。
タオルや洗剤などの日用品が無難ですが、それ以外のものでも構いません。
ただしあまりにも高価なものは、相手方に気を使わせてしまう場合がありますので控えるようにしましょう。